子育てに失敗は

 

 

 
子育てに失敗は許されない。
 
そんなフレーズをよく耳にする。
 
でも私は、
子育てに失敗は許されないなどと、
恐れる必要はまったくないと思っている。
 
子供は親を選んで生まれてくる。
 
今ではそう信じる人も多いと思う。
 
私も絶対的に信じている一人だ。
 
5歳くらいまでは、
生まれてくる前の記憶を持つ子供が多いという。
 
知人が親しくしている医師で、
池川明先生という産科医がおられる。
 
その先生の著書やDVDには、
そのことを信じざるを得ないような話が、
たくさん実例として出てくる。
 
DVDには生まれてくる前の記憶を持つという
たくさんの子供たちにインタビューをして、
そのままを記録されている。
 
神様と一緒に空の上から見ていて、
あの淋しそうな人の子供になって、
元気にしてあげたいと神様にお願いした。
 
なんて話が収録されている。
 
  
また、私は、自分の人生のシナリオを
生まれてくる前に自分で書いてくるとも信じている。
 
これもスピリチュアル系の本によく書かれていることだ。
 
 
☆子供が自分で親を選んで生まれてくる。
 
☆人生のシナリオを自分で書いてくる。
 
 
もし、この二つを信じることができれば、
子育てには失敗がないことがわかる。
 
どんなにひどい子育てをしてしまったとしても、
それはその子供がシナリオに書いてきたことで、
その子供が望んでいたことになるからだ。
 
子供は自分が望んだ親に、
シナリオ通りに子育てをしてもらい、
シナリオ通りに心の形を創り上げてもらっている。
 
そして創り上げたこころの形をもとにして、
様々な人生体験、すなわち感情の体験を
シナリオ通りにしていくことになる。
 
 
だから、子育てにおいて、
こうしておけばよかった、
もっとこうできたはずだなどと悩む必要はないのだ。
 
そのときどきに自分がしてきた子育てが、
いまここでその気持ちのままでできる子育てが、
我が子が望んでいる子育てなのだから。
 
たとえ子供が大きくなって、
もしも親を怨むようなことを言ったとしても、
それはその子の本質からの言葉ではない。
 
どんな育て方をしたとしても、
その子の魂はシナリオ通りに育ててくれたと、
きっと感謝してくれている。
 
子育てには失敗が許されないのではなく、
子育てに失敗することは、
したくてもできないものなのだ。
 
 
教育しなければなんて思う必要もない。
 
決して無理することなく、
今できる子育てをすればいい。
 
共育、共に育っていけばそれでいい。
 
 
 

うえだもくのBlog

心が楽になるエッセイ

綴ってます!!